アルバータヘルス(Alberta Health)の加入

2020-04-26

『Alberta Health』 アルバータ州の健康保険

*申請は無料で、医療費がまかなわれます。(歯科・薬代・救急車代は自己負担)

ワーホリの人は、海外保険に加入して来る方が多いと思います。VISAが1年近くあり、アルバータ州に長くとどまる予定の方は、こちらにも加入しておくと安心かもしれません。


今まで出会ったワーホリの人たちの中には、ワーホリVISAが切れた後ビジターに切り替えてさらに3ヶ月滞在する人や、急な体調不良で病院に行きたいけど海外からは日本の海外保険に加入できないという人がいました。この保険を最初から知っていてVISAが有効なうちに加入していれば、安心ですよね。

申請方法

申請は最寄のRegistry officeで行います。

 

申請に必要なもの

・VISA(ワークパーミット)

・アルバータに住んでいる事が証明できるもの(銀行のアカウントの証明や公的機関からの手紙、雇用主からの手紙や家を借りた際の証明など)

・写真付きのID(パスポートや国際免許)

・申請書(オフィスにあります)

 

必要なものを持ってレジストリーへ行き、申請書に書き込んでエージェントに渡します。書類に不備があればその場で教えてくれます。

申請が完了するとヘルスケアナンバーを教えてもらえます。そのナンバーがあれば、病院へ行くこともできます。

後日カードが届きます。そちらを切り取って持っておきます。

 

私は最初に申請をしようとした時、ワーホリのVISAが残りわずかだったので、申請を断られました。その頃に妊娠が発覚したのですが、日本でかけてきた海外保険は妊娠による病院の費用は対象外。数ヶ月前に日本へ帰国したばかりで、また帰るのもちょっと…。ということで、旦那さんのワークVISAの申請中だったのですが、VISAがおりるのを待って、もう一度申請しました。

もし、〝VISAの期間が短くて申請できるかわからない〟と悩んでいる人がいれば、一度レジストリーへ行き申請してみることをオススメします。もしかしたら、エージェントによっては通るかもしれません。


クレジットカードの保険

日本から来る前に海外保険に加入しておくのが一番安心ですが、入らずに来る人もいます。保険の費用をおさえたい人は、日本のクレジットカードの保険を活用するのもいいですね。ほとんどのクレジットカードには付いているので、一度持っているカードの保険を調べてみてください。(3ヶ月以内の海外旅行ならこれで十分なくらいです)

海外への航空券や移動費、旅行先での買い物をしていれば、保険適応される場合もあります。携行品の補償も付いていれば、もし日本から旅行先へ荷物が届かなかったり遅れたときに、その荷物が届くまでの間に必要な物を買い物しても、そのレシートをとっておけば、後日帰国して申請する事もできます。(カード会社によって保険の内容も違うのですが。また近々別の記事で詳しく書きたいと思います。)

とりあえず、行きの保険はクレジットカードでまかなって、滞在中は現地の保険に加入して、帰国の時は運に任せるって感じですね。ワーホリ慣れてる人は結構こんな感じの人多いです。


海外保険は、使うことなく帰国することが多いですが、保険は万が一の為の『御守り』です。ワーホリだと一年分かけるので高額な買い物にはなりますが、海外での急な病気や入院になると費用は想像以上です。それを考えると、安いものかもしれないですね。