カナダで妊娠・出産・子育て その⑲ 離乳食

2021-02-05

こんにちは、じゅんクマです!

前回の記事”その⑱ チェックアップ”の続きです。2018年に授かった長女についての『カナダで妊娠・出産・子育て』記録を書いています。

今回は、離乳食~幼児食の時期のお話しです。

実は過去に離乳食の記事を書いていたのですが、ゴックン期(開始1~7週目)を書き終え、モグモグ期(開始8週目以降)を書いている途中で放置してました。😅

今回は、離乳食初期~2歳頃までの食事のすすめかたや工夫したところと、カナダのおすすめスナックの紹介をまとめたいと思います。


離乳食の開始

娘が6ヶ月を迎えた頃に離乳食を始めました。5ヶ月頃から日本とカナダの離乳食について調べ始め、ビタミンDドロップ(産まれてから毎日与える)をスプーンで口に入れる練習からスタートしました。

初めての食べ物は、できるだけ午前中に小さじ1与えて様子を見てから量を増やします。(アレルギーが出た場合、病院に行けるように病院が開いている時間に与えるのが良いようです。)

Vitamin D

ビタミンDは毎日与えるようにと出産してすぐに指導があります。子供の体重などによるのでしょうが、私の娘の場合は1日800lU与えるようにと書かれた書類を退院時に貰いました。ちなみに赤ちゃんに与えるビタミンDは、液体で小さなビンに入った物です。物によって、1滴で400lUや1000lUがあります。

離乳食の時期

時期 回数 食事の状態 開始のタイミング
初期

ごっくん期

(5~6m)

開始1~4週目

1日1回

なめらかにすりつぶした状態 首が据わっていて、支えると座ることが出来る。口にスプーンを入れても下で押し出さない。
中期

もぐもぐ期

(7~8 m)

開始5~13週目

1日2回

舌でつぶせる固さ ごっくんと上手に飲み込めるようになったら
後期

かみかみ期

(9~11 m)

開始14~26週目

1日3回

歯ぐきでつぶせる固さ もぐもぐと歯ぐきで噛めるようになったら
離乳の完了

ぱくぱく期

(12 m~18 m)

開始27週目~

1日3回

歯ぐきで噛める固さ しっかりと歯ぐきでつぶして食べれるようになったら

小さじ1の量

小さじ1=5 ml=1 tsp(ティースプーン)

フィーディングスプーンでは3~4さじ程になります。

ちなみに、大さじ1=15 ml=1 tbs(テーブルスプーン)

離乳食のすすめ方

離乳食の目安量

月齢 穀類 野菜・果物 魚(肉) or 豆腐 or 卵 or 乳製品
7~8 m 全粥50~80g 20~30g 10~15g or 30~40g or 1~1/3 or 50~70g
9~11 m 全粥90g~軟飯80g 30~40g 15g or 45g or 1/2 or 80g
12 m~18 m 軟飯90g~ご飯80g 40~50g 15~20g or 50~55g or 1/2~2/3 or 100g

ゴックン期(初期)

なめらかにすりつぶした状態

・ビタミンDドロップを1日1滴

・離乳食を与えたあと、母乳やミルクは欲しがるだけ

・開始1~4週目 1日1回 小さじ1

1週目は10倍粥のみ⇒2週目でお粥やライスシリアル+野菜⇒3週目~4週目はお粥やライスシリアル+魚や野菜やフルーツを試しました。

最初は10倍粥を小さじ1から与えました。調子が良いと小さじ1をペロっと完食していました。3週目頃には飲みこむことに慣れたようで、お粥を大さじ1程+野菜やフルーツを食べていました。野菜やフルーツは、味がイヤなのかベッと出す事が多かったです。

ライスシリアルは、お湯やミルクを混ぜて作るお粥のような物です。鉄分が入っていて、健診の時にドクターに進められました。いろんな味があったのですが、娘はイチゴやバナナの味が好きなようでした。

モグモグ期(中期)

舌でつぶせる固さ

・ビタミンDドロップを1日1滴

・離乳食を与えたあと、母乳は欲しがるだけ。ミルクは1日3回程度まで。

・開始5~13週目 1日2回食 (午前中+午後)

2回食になってから、離乳食の量も増やしました。目安量の表を参考にお粥や野菜の量を決めていましたが、細かく気にしすぎると疲れるので、なんとな~くでやっていました。この頃に日本からインスタントの離乳食や乳幼児用のお菓子が届いたので、おやつをあげたりもしていました。

この頃は、豆腐とスープを好んで食べていました。乳製品に挑戦したり、ゆで卵の黄身を5日間かけて少量ずつ与えたりと、食べれる物の幅を広げていきました。

カミカミ期(後期)

歯ぐきでつぶせる固さ

・ビタミンDドロップを1日1滴

・離乳があまり進まない時は、フォローアップミルクを与える

・開始14~26週目 1日3回食

娘は、お腹が空いて朝早く起きる事が度々ありました。(この頃から沢山食べる子で、周りの方にも「そんなに食べるの?」と驚かれる事が度々ありました。)そんな時は、朝1番にミルクを120 ml程与えていました。1日3食になり水やお茶から水分を摂れるようになってきたので、離乳食開始16週目(10ヶ月)頃に母乳は断乳しました。(断乳後は夜泣きも減り、ぐっすりと一晩通して寝るようになりました。仕事への復帰に向けて断乳しましたが、娘にも私にとってもこの断乳は良い選択だったと思います。)

離乳の完了~2才頃

歯ぐきでかめる固さ

・ビタミンDドロップを1日1滴

・開始27週目~1日3回食+スナック

基本的に主食は軟らかいごはんや麺類(うどん・そうめん・パスタ)やパンでした。おかずやスープは大人の物を、薄味にしたり軟らかくして一緒に食べていました。

スナックは、午前中と午後に2回。

カナダのおすすめスナック

過去記事”赤ちゃんのスナックにチェリオ”でも紹介しているのですが、Cheeriosは掴み食べの練習にも良かったです。よくスーパーで見かけるシリアルです。離乳食期はプレーンの味があまり無い物を与えていましたが、1才過ぎた頃からはブルーベリー味やハニーナッツ味などをあげると喜んで食べていました。

GERBEは、赤ちゃん専用のお菓子や離乳食を数多く揃えており、ライスシリアルやペースト状の野菜・果物などは、こちらを良く購入していました。

Mr.Christie’sのビスケットとGoGo squeeZは、COSTCOにも置いてあったりするのですが、娘が好んでよく食べていたおやつです。

ベジストローゴールドフィッシュは、ママ友に教えて貰ったお菓子で、個包装で売られている物もあり、外出時にピッタリでした。


おすすめスナックはまだまだあるのですが、また思い出したときに随時追記していこうと思います。

離乳食の記事を作成しだしたのがいつだったか忘れるくらい時間が経ってしまいました。その間にも、短い夏を満喫するぞ!と家庭菜園に挑戦したりプラム酒をつくってみたりしては、記事に書こう!と思っていたのですが、もう秋もあっという間に過ぎ、アルバータは冬を迎えています。時間が経つのはあっという間ですね。

近々、プラム酒の記事を書きたいと思います。

〈過去記事〉

離乳食 ゴックン期①開始1週目~3週目

離乳食 ゴックン期②開始4週目~7週目

↓いいね!と思ったらクリックお願いします(^^*

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村