カナダのベビーカー

2020-11-25

カナダのベビーカー

カナダではベビーカーの事をストローラー(Stroller)と呼びます。

子供が産まれる前にと思い、臨月の時に夫とべビザラスへ行きました。そこで見つけたストローラーの紹介です。

トラベルシステムストローラー

“GRACO Modes Click Connect Travel System Stroller”

 

〈セット内容〉

・赤ちゃんを運ぶカゴ
・ストローラー
・カーシートのベース

このストローラーはトラベルシステムというもので、3通りの使用法があります。

①カゴに入れて赤ちゃんを運ぶ

②ストローラーに装着してベビーカーとして

③車のカーシートとして

使うことが出来ます。

赤ちゃんが産まれて病院から車で帰宅する際、赤ちゃん用のカーシートが絶対に必要なのですが、(臨月に入ってから妊婦健康検診へ行った時にも、準備出来ているかナースに確認されました。)「カーシートも準備しないとな~。」と思っていたところ、このストローラーを発見したので、タイミングが良かったです。赤ちゃんを運ぶカゴを、車にとりつけたカーシートベースにカチッとくっつけるだけでカーシートになります。(ベースはシートベルトを通すだけで車へ装着出来ます。)

開封


こんな感じでギュッと入っていました。

箱の中に入ってる物
本体
ストローラーの説明書(分かりやすく絵で書いてあるのでとても簡単に組み立てできました。)
カーシートの説明書(カーシートには使用期限があります、私たちのは製造日から6年間
・リコールになったときの為の連絡先登録用のハガキ(ハガキは組み立てたその日に書いて投函しました。)

このセットに入っていたカーシートは、1歳半頃まで使いました。

実際に使ってみて

ストローラーやカーシートへの着脱も簡単で、重宝しています。

車やストローラーに乗っている時に子供が寝てしまっても、カゴごと取り外して運べるので、起こさずに家に連れて帰る事が出来ます。そのまま起きるまで部屋に置いておくこともしばしば。

最近は天気が良いと、このストローラーでお散歩にでかけています。私が住んでいる地域では冬になると雪が積もります。雪が深い時は、このストローラーだとタイヤが小さくて雪にはまりやすいので、抱っこ紐を活用しています。

最初の頃は「雪の中散歩にでかけるの?寒くない?」と思いましたが、ドクターいわく寒い日も外に出すことによって肺が強くなるそうです。

先輩ママは、「車輪が大きくて3輪の物が良い!」と言っていました。確かに、車輪が大きいほうがデコボコ道もスイスイ走れて良さそうに見えます。寒い地域でストローラーを買おうか悩んでる方はぜひ参考にしてみて下さい。

 


ベビーカーは、結構大きな買い物ですよね。私は、カーシートにもなるの事と、カゴごと子供を運べる事が購入の決め手となりました。

 

↓いいね!と思ったらクリックお願いします(^^*

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村