オムツとクリーム

2020-11-20

Diaper Cream オムツクリーム

娘を出産した日から、毎日オムツを替えています。私は紙オムツを使っているのですが、赤ちゃんの体調によってオムツかぶれ(Diaper rash)が起こることがあります。

そんな時に使えるオムツクリームのお話しです。


オムツ替え+オムツクリーム

このオムツクリームについては、出産してすぐに先輩ママに教えて貰った事の1つです。

カナダのママ達は、オムツを替える度にオムツクリームを塗るそうです。そうすると、オムツの摩擦・おしっこやうんちの刺激から赤ちゃんのお肌を守るだけでなく、おしり拭きで拭きとるのも簡単で摩擦が少なくすみます。


薬用(Medicated)と保護(Protection)

オムツクリームには、薬用とそうでないものがあります。

私が今までで使ったクリーム3種類はこちら。

 

Penaten Protection Cream

 

これはワセリンを柔らかくしたような手触りの保護クリームです。薬用ではありません。

 

Penaten Diaper Rash Cream for Baby

 

これは薬用で、薬用成分が18%入っています。缶に入っていて、クリームの感じはベタッとしていますが、塗ってから数時間後にオムツを替える際もお肌に残っていて、おしっこなどの刺激から守られている感じがします。

 

Sudocream

 

薬用で、薬用成分は15.25%入っています。クリームはサラッとしたホイップクリームのような感じで、Penatenより薬用成分が少ないですが、普段使う分には良いなと思っています。


おしりのかぶれ

先輩ママが最初にオススメしてくれたのは、2つ目のPenaten薬用クリームです。保護力が高い上に薬用成分が入っているので、あかちゃんの肌をしっかり守ってくれます。

私の娘もオムツを替える度にクリームを塗っているので、あまりオムツかぶれになった事がないのですが、一度だけ新生児の時に水のようなうんちが続きおしりがかぶれてしまい、おしり拭きで拭くのが可哀想な時がありました。

その時は拭きとるのではなく、ぬるま湯で優しく流したあとにポンポンとティッシュで水分をとり、良く乾かしてからPenaten薬用クリームを塗りました。それを数日続けることでかぶれは治りました。

赤ちゃんの足や手がぷくぷくしてきた頃に、しわの間がかぶれた時も、この薬用クリームを薄く塗ってあげるとすぐに治るそうです。


薬局やスーパー・ベビー用品店で、いろんなオムツクリームが販売されています。今回紹介したクリームはカナダでよく見かける物なので、簡単に手に入ります。

他にも試そうと思っているクリームがあるので、良かったらまた情報をシェアしたいと思います。

↓いいね!と思ったらクリックお願いします(^^*

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村