離乳食 ゴックン期①

2021-02-05

離乳食『Solids』

娘が生後6ヶ月を迎えたので、離乳食を始めました!

カナダと日本の離乳食の進め方を、5カ月頃からいろいろと調べたり聞いたりしました。どちらのやりかたも取り入れて、ゆっくり無理せずにやっていこうかと思います。


離乳食の進め方

ビタミンDドロップを1日1滴。

離乳食を与えたあと、母乳は欲しがるだけ。

1週目

最初は10倍粥を1週間程 小さじ1~

生後5カ月頃から、ビタミンDドロップを離乳食用スプーンで与えるようにしていたので、初めてのお粥は問題無くパクッと食べてくれました。

2週目

ライスシリアルかお粥

野菜 ニンジンやブロッコリー 小さじ1~

初めての食べ物は、初日は小さじ1のみ与えて様子を見てから増やしていきました。

3週目

ライスシリアルとお粥

野菜 玉ネギやじゃがいも

果物 りんご

白身魚

このあたりで、日本からインスタントの離乳食が届いたのでバリエーションが増えました。


離乳食の作り方

お粥:お湯で溶いて数分おくだけのインスタントを使用

お友達に頂いたのですが、とても使いやすいです。

商品リンク⇒和光堂 手作り応援 国産コシヒカリの米がゆ×6箱

ライスシリアル(rice cereal) :鉄分入りのカナダでの離乳食。ミルク(infant formula)やお湯で溶いてペースト状に。

これはとても便利です!お米オートミールなどがあります。いろんなベビーフード会社から出ていて、薬局やスーパーのベビー用品・食品コーナーに置いてあります。

私が試したのはGerberのライスシリアル。

 

 

にんじん :すりおろしてレンジで加熱後、ザルで裏ごし

ブロッコリー、玉ネギ :ゆでてつぶして、ザルで裏ごし

バナナ:輪切りにしてレンジで加熱後、ザルで裏ごし

りんご:市販のペースト状になっている物を購入

こちらは、スーパーで安くなっていたのでいろんな種類を買ってみました。

ちなみに、1度開封すると24時間以内に消費しましょうと書いてあったので、残りは冷凍しました。

写真は、お粥とバナナですが。小分けにして冷凍後、種類ごとにジップロックに入れて、冷凍した日にちを書いて保存しています。


6カ月健診

ドクターから、離乳食を始めたか聞かれたので、「お粥(congee)を与えているよ!」と言うと、『お粥には鉄分が入ってないと思うからシリアルをあげてね〜!』と言われました。

日本では最初の離乳食に10倍粥が当たり前なように、カナダでは 鉄分入りのシリアル を当たり前に与えるようです。

それから、『ペースト状にした野菜を与えたあとにミートにも挑戦してね♪』と言われました。


最初のお粥は美味しかったのか、娘もぱくぱく食べたのですが。

野菜などを試し始めてから、あまり進まなくなってきました。

そこで、いろいろと与え方を試してみたので、そのことを 離乳食 ゴックン期② で紹介したいと思います。

↓こちらで離乳食についてまとめました。

カナダで妊娠・出産・子育て その⑲ 離乳食

↓いいね!と思ったらクリックお願いします(^^*

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村